クエン酸には、どんな効果があるの?

*

クエン酸とは?クエン酸の驚くべき効果

近年、美容や健康、アンチエイジングに興味を持つ人が増えてきました。今ではインターネットも普及し、様々な美容や健康などに関しての知識や効果のある成分、グッズなどが手軽に手に入るようになり、ますます興味を持つ人が増えています。

最近特に話題なのがクエン酸です。ドラッグストアなどで一度は見かけたことがあるという人も多いのではないでしょうか。

疲労回復に効果があることで有名となったクエン酸ですが、クエン酸の正体はかんきつ類の果物や梅干などのすっぱさを感じる成分です。このすっぱさが身体にどのような効果をもたらすのでしょうか。



2d4536ccdb03a220ec8a1b7750bbd36b_s



こんなにある!クエン酸の効果

クエン酸は果物や梅干などに含まれているすっぱさを感じる成分です。実はこのクエン酸が身体に良い効果をもたらすことは昔から知られており、健康的な食品として知られてきました。近年になり、クエン酸の研究も進み、一般的に知られる疲労回復の効果だけでなく、様々な効果を示すことがわかってきています。

まずは代表的な効果である疲労回復です。人間の身体を動かす機能の中にクエン酸回路という機能があります。クエン酸を取り込んで乳酸を分解したり、乳酸の生成を抑えたり、新陳代謝を促す働きです。疲労物質である乳酸を分解し、生成を抑えることで、疲労が回復する効果を持っています。

人間の血液は酸性化するとどろどろになり、流れが悪くなります。クエン酸は体内に取り込まれるとアルカリ性へと変化し、血液をアルカリ性へ変化させ、血液をさらさらにする効果があります。この効果により血液の流れを改善させます。血液の循環が悪くなることによって起きる、高血圧や動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞などといった病気を予防することもできます。

また、クエン酸にはミネラルの吸収を促進させるキレート作用があります。人間の身体に無くてはならないミネラルの吸収を高めることで、美容や健康に効果が期待出来ます。

クエン酸には身体の悪玉活性酸素を除去する効果もあります。悪玉活性酸素は細胞を酸化させ、身体に様々な悪影響を引き起こすことで知られていますが、この悪玉活性酸素を除去する働きにより、アンチエイジング効果やがん予防にも効果を表すことが分かってきています。

尿酸値が高くなると痛風を起こすリスクが高まりますが、クエン酸にはこの尿酸値を下げる働きがあります。そのため痛風の予防や軽減にも効果があるのです。実際、痛風の人に処方される薬として使用されています。

通常美容成分は肌からは浸透しないため、食品やサプリメントなどを摂取することで内側から吸収し、効果を得ることができますが、クエン酸にはピーリング効果があり、古い角質などをはがしたり、様々な肌トラブルを解消させる働きがあります。

摂取して身体の内側から、また、入浴や洗顔の際肌から、上手に活用して内側からも外側からも自分をきれいにすることができる成分です。


知ってた?クエン酸の上手な摂取方法

美容や健康、アンチエイジングにも、絶大な効果を示すことで注目を浴びているクエン酸。クエン酸を摂取することで疲労回復のみならず、様々な病気の予防や改善、美容に効果を示すので、積極的に摂取したいところです。

クエン酸はかんきつ類や梅干などに含まれるすっぱい成分です。ですからレモンやグレープフルーツ、パイナップル、キウイ、イチゴ、ローズヒップ、アセロラ、いめぼし、酢、黒酢など、酸味のある食品に多く含まれています。

1日の摂取目安料は2グラムといわれていますが、疲労が重なっている人や、より効果を得たいという人は1日5グラムほど摂取すると良いです。クエン酸の成分だけの場合は過剰摂取しても、体外に排出されるだけなので身体への影響はありません。ただし、サプリメントから補給する場合には他の成分も混じっていて、その成分によって身体に影響を及ぼすこともあるので注意が必要です。


6c9ea21dba934eeb54f9f27661e6f478_s



クエン酸の賢い活用法の紹介

クエン酸だけで考えるなら過剰摂取しても副作用は起きないので、積極的に取り入れたいものです。そのためにはクエン酸が多く含まれている食品をたくさん食べる方法もありますが、ドリンクもお勧めです。近年ではクエン酸のドリンクも売られていますが、サプリメント同様、クエン酸以外のほかの成分がたくさん含まれていることがあるので、より効果的なクエン酸ドリンクは自分で作るのがポイントです。

クエン酸ドリンクは250ミリリットルの浄水に、小さじ半分ほどのクエン酸の粉末を混ぜるだけです。ただし、最初飲むときはかなりすっぱくて抵抗がある人も多いので、そういう場合はクエン酸の量を少なくするか、オリゴ糖など胃腸に優しい糖分を少量混ぜることで緩和され、飲みやすくなります。

また、クエン酸ドリンクだけでは何となく味気ないという方は、クエン酸と同量の重曹も入れると手軽に炭酸水ができるので試してみてください。

このようにして作ったクエン酸ドリンクを1日に数回に分けて摂取します。一度に大量に摂取してもそのとき必要な分量以外の成分は排出されてしまうので、こまめに摂取することが大切です。

また、クエン酸1に対し10の水やお湯で割った溶液で洗顔したり入浴することによってピーリング効果が得られ、美肌効果があります。ただし、1対10の濃度で肌に刺激を感じるときはもう少し濃度を薄くしてみてください。



記事